ブログ

ブログ詳細

体温低下の理由(ノД`)・゜・。


入間エステ、リラクゼーションサロンみじょかです。

 昨日は、体温・代謝についてお話しました。

今日は、体温低下になってしまう理由

についてお話します‼

 

まずは、『運動不足』。

最も身体の中で、熱を作り出すのが筋肉

です。

体温の平均40%以上が、筋肉で作られ

ます。

筋肉は、使わないとどんどん衰え、低体温

に陥りやすくなります。

日常的に身体を動かすことを心掛け

ましょう‼

 

次に『塩分の控え過ぎ』。

塩には、身体を温める作用があります。

その他にも、体液のpHを整えたり、神経の

伝達や筋肉の収縮、消化液の材料に

なったり、身体を引き締めたりと大切な

役割があります。

高血圧や脳卒中などに影響があると、

極端に制限すると、低体温は助長

されます。

適度な塩分を摂ることが必要です。

 

そして、『水分の摂り過ぎ』。

水は、ノンエネルギーなので、ダイエット

や血液をサラサラにするコツと多量の

水分を摂ることがあります。

水分も摂り過ぎてしまうと有害に。

身体に余分な水分が溜まるとむくみや

身体を冷やすことになります。

体温UPを意識することが大事です。

体温が上がることで、余分な水分が

排出され、むくみが解消します。

 

それから『食べ過ぎ・身体を冷やす

食品の摂り過ぎ・化学物質の摂り

過ぎ』。

食べると身体が温まり、食べないと

身体が冷えると思いがちですが、

実は、逆なんです。

胃腸に負担を掛けない食べ方が

大事です‼

食材には、季節の旬があります。

今では、季節に関わらず、

なんでも1年中食べられます。

本来、身体を冷やす夏場の食材を

冬場も食べ過ぎると年中身体が

冷えた状態に。

旬を取り入れることも大切です。

化学薬品や食品添加物も身体を

冷やしますから極力避けられると

いいですね。

 

さらに『ストレス』。

私たちが意識しない沢山の営みを、

支配しているのが、自律神経です。

自律神経には、交感神経と副交感

神経の2種類があります。

うまく交互に働いているんです。

しかし、ストレスにより、この神経の

バランスは、崩れてしまいます。

そうすると、全身の血流が悪くなり、

低体温を招いてしまいます。

上手にストレス発散しましょう‼

 

最後に『夏の冷房と入浴をシャワ

ーで済ませる』。

私たちの身体は、夏には、

基礎代謝を下げ、体内の熱を下げ、

外に熱を発散するように出来て

います。

しかし、どこへ出掛けても冷房が

嫌というほどきいています。

この環境の中、冷たい物を食べて

では、低体温になるのも当然ですね。

そして、シャワーが多いと汚れは、

落とせても、本来、湯船につかって

体温を温め、血流や代謝を促し、

リラックス効果の目的が望めない

のです。

お忙しい方も、ゆっくり湯船に

つかる時間を是非作って頂きたい

ものです。

 

以上が、体温低下の主な理由

でした。

1つでも2つでもクリアにして

内側からポカポカの身体作りに

繋げて頂きたいです(*^▽^*)

 

リラクゼーションサロンみじょか

住所 〒358-0003 埼玉県入間市豊岡1-4-7
TEL 070-5467-0398
営業時間 10:00〜19:00
※時間外対応もご相談にのります
定休日 不定休
http://on.fb.me/WlUJWt
  • facebook
  • twitter
  • mixi